グループホームゆうゆう

隼人温泉病院
平成27年1月10日 発信

 皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。入居者そして職員も元気で新年を迎えました。
 私たち職員一同は、認知症高齢者の入居者を生かす介護ではなく、その日、その時、その瞬間を精一杯生き抜く支援を心がけて参ります。
 本年もグループホーム「ゆうゆう」をよろしくお願い致します。



■ 餅つき会
 昨年12月30日に入居者とご家族、法人が運営する託児所「くれよん」の子供たちと保育士、有島純一郎事務長、設備管理課とホームの職員による恒例の『餅つき会』を開催しました。杵と臼を使った本格的な餅つきとあって、皆さん気合を入れて臨みましたが、託児所児童は自分の身体より大きな杵をよろめきながらも一生懸命についてくれました。
 「ヨイショ! ヨイショ! 」のかけ声に合わせて、次から次に搗きあがるホッカホカの餅を総出でちぎって丸めたり、蒸かしたサツマイモを混ぜた芋餅(年重:としかさ)をこねたり全員で手際よく仕上げ、小豆の餡(あん)や黄粉で美味しくいただきました。


■ 書初め
 入居者の皆さんに年始の挨拶や希望、願い事など、新春恒例の『書初め』を自由に書いていただきました。普段は筆やペンを持って手紙や文章を書く機会が少なく、職員の手を借りて書いた方もおられましたが、なかなかの達筆、健筆です!
 昨年は、ウナギ・牛乳・すし・さかな等の好きな食べ物を書いて笑いを誘った“食いしん坊”がいましたが、今年は正統派の書初めに「初笑い」はお預けとなりました。…残念!


■ 七草
 昨年11月に七五三を迎えた当法人の岩城政秋理事長の愛娘:凜音(りお)ちゃんが、今月7日の『七草』にお母さんに連れられて「ゆうゆう」を訪問し、入居者の皆さんに着物姿を披露してくれました。
 黄色を基調に朱色の六角錦鼓袋をあしらった華やかな着物姿に入居者の皆さんは「まぁ~きれい」 「かわいいねぇ~」 「ベッピンさんね」と、目を細めながら見惚れていました。ついこの間までヨチヨチ歩きだったのに、こんな可愛いらしい女の子に成長した姿にビックリしました。
  凜音ちゃん…これからも健やかな成長を楽しみにしてますよ。

■ しめ縄づくり
 今年は1・2号館にそれぞれ『しめ縄』を飾りました。制作したのは入居者の鉄之さんです。手先が器用な鉄之さんは工作が趣味で、入居してから新聞広告チラシを使ったゴミ箱作りが日課です。そんな鉄之さん、張り切り過ぎて持病の腰痛が出てしまいましたが、周囲の心配をよそに「湿布を貼って頑張った甲斐がありました」と、一年をしめ縄で締めくくり、ご満悦の様子でした。鉄之さん、立派な『しめ縄飾り』…ありがとうございました。

■ クリスマス会
 12月24日はクリスマスイブ♪…とは云っても、入居者の世代には馴染みの薄いイベントかもしれませんが、世間の風潮に乗って?忘年会も兼ねた『クリスマス会』を開催しました。クリスマスの雰囲気を出すために入居者・ご家族・職員全員が赤いサンタ帽をかぶってサンタクロースに扮してのコスプレ参加です(笑)
 職員手作りのいなり・ちらし寿司・おでん・おこわなど、入居者の皆さんが大好きなメニューを中心にバイキングでおもてなしをしました。特に荒瀬八百子さん(1号館)が昨晩から13時間かけてじっくり煮込んだ豚骨は、軟骨トロトロのコラーゲン状態で大好評でした!そして締めは、一喜一憂しながらのクジ引き抽選会で盛り上がり、楽しいクリスマス会になりました。それでは皆さん…メリークリスマス♪\(^0^)/

■ 二俣 洋 ギター演奏会♪
 今年7月の『マサヤン(榎木真之さん)慰問ギターライブ♪』(平成26年7月10日発信)に続き、12月27日は『二俣洋ギター演奏会♪』が開かれました。今回の慰問は、二俣さんのお母様が隼人温泉病院に入院されたのがご縁で実現し、軽快退院されたお母様の二俣京子さんも息子さんに同行して訪問されました。
 軍歌「ラバウル小唄」にはじまり、唱歌「故郷」や「夫婦春秋」「いい日旅立ち」「川の流れのように」「北国の春」などの昭和を代表する演歌、歌謡曲を披露していただき、入居者そして職員も一緒に口ずさんでいましたが、流行した当時を思い出したのか?感動して涙する人、目を閉じてしみじみ聴く人、曲に合わせて手拍子する人…戦争体験の悲しみや苦しみを乗り越え、精一杯生き抜いた入居者の皆さんにとっては『人生の応援歌』なのかもしれません。一方、演奏(選曲)した二俣さんは「お袋が好きな曲なんです」と、お母様への感謝の気持ちをギターの音色に乗せて届けたかったのでしょう。そんな息子の 演奏に手を合わせてじっと見守る母親のまなざしが印象的でした。
 二俣さん…素敵なギター演奏をありがとうございました。

■ マニキュア初体験
 「マニキュアを塗ったことがある人?」と尋ねると…全員「ありませ~ん」。想定内の返事にマニキュア初体験!職員が使っているマニュキア15種類から好きな色を選んでいただき、気分はマダム!「農業で土だらけだったから、色を塗るのは初めて」「こんな婆さんでも爪を綺麗にすれば美人になったような気分」と、初めてのマニキュアに嬉しそうでした。いくつになっても女性として美しくありたい気持ちと、人に見られている緊張感を忘れないことが大事ですね。この日だけは?みなさん色っぽかったですよ。

【編集後記】
 あけましておめでとうございます。
 新年早々、冠雪の桜島を初撮りしようと出かけたら…カメラを持ってくるのを忘れてしまった。何とも呆れる失態に、寒風の中でひとり雄大な桜島を眺めながら初笑い f(^o^;
 初詣の願い事はもちろん「ボケませんように!」 (^人^;)
 今年も 『ゆうゆう便り』 をよろしくお願い致します。